皮膚に残った傷跡を消す|レーザー治療で悩み解決

看護師

目立ちにくくするために

カウンセリング

肌の深部に傷を負うと、色素の沈着や肉芽の膨らみによる傷跡が残りやすいです。しかしこれらは、色素を熱したり肉芽を削ったりするレーザー治療によって、除去が可能となっています。ただし除去後は、その部分は外部からの刺激を受けやすくなるので、医療用テープで保護することが大事です。保護する期間は1週間ほどです。

もっと読む

傷のない綺麗な肌にする

水着のウーマン

どんなタイプの傷跡にも、レーザー治療が適しています。治療を始める際は、最低でも半年間は期間を空けて傷跡が落ち着いてから行う必要があります。紫外線対策には十分に気を付けて、色素沈着を起こさないようにします。

もっと読む

気になる傷を改善する

頬を触る女性

傷跡が気になる場合には、美容整形外科で治療できます。レーザー治療は切開する必要がないため、人気の治療方法なのです。傷跡はメイクなどで隠すができますが、治療するというテクニックもあります。美容整形外科のレーザー治療であれば、肌の凹凸をなめらかにし、新しく肌を再生させることも可能です。

もっと読む

手術などの傷が気になる

相談

自然に目立たなくするには

手術跡などによってできた傷跡は、その状態によっては跡が目立つ場合もあります。人によってはそれを気にしてしまうこともあり、余計に隠してしまう人もいるでしょう。このような傷跡は、レーザー治療で目立たなくしていくことが可能です。このレーザー治療とは、レーザーを傷跡に照射することによって肌の新陳代謝を促していきます。それによって古い角質が除去され、新しい皮膚が生まれてくるので傷跡が目立たなくなるというわけです。このレーザー治療は繰り返し受けていくことで、自然な肌に近づくことができます。肌本来の働きを引きだしていく方法となっているため、無理な方法ではありません。傷跡は長い時間をかけると自然と目立たなくなることも多いですが、早めに何とかしたという場合にこのレーザー治療が向いています。

今までの悩みが解消される

このレーザー治療は、特別治療が難しい部分でない限りは、どのような部分の傷跡でも対応可能です。普段から人に見られる部分であれば、このレーザー治療によって今まで気にしていた傷跡もすっかり目立たなくなります。普段は人に見られない部分であっても、目立たなくなることは精神的にもいい影響となってくるでしょう。大きな傷跡の場合は、複数回受けていくことはもちろんですが、時間がかかる可能性も高いです。しかし、それで少しでも目立たなくなるのならば、余裕を持って待つことも必要です。これで違和感のない自然な肌になれるので、気にすることもほとんどなくなります。このような傷跡で悩んでいる場合は、このレーザー治療を受けることで、その悩みも解消していくことができるのです。